支払利息を少なくするために

支払利息を少なくするために

銀行が企業に融資をする際の貸出金利、これはビジネスローンでないかぎりは企業と銀行との交渉により、決定されます。

そのため、企業側は意識をもって金利交渉にのぞめば、少しでも低い金利にすることができ、支払利息を減らすことができます。

銀行側は、すでにこれ以上低い金利は適用できないと思って企業に金利を通知することもあれば、言い値で金利を企業に言う場合もあります。

そこで、銀行が企業に通知した金利をそのまま受け入れるのではなく、そこから少しでも低くすることができないか、交渉してみましょう。

あなたの会社が銀行からお金を借りてくださいと言ってくるような企業だったら、「他行はあなたの銀行よりもっと低い金利(具体的な数字まで出すと良い)を言ってくるよ」と言うことができます。

あなたの会社が業況に厳しい企業であったら、お願い口調でも「なんとか0.1%でも下げてもらうわけにはいかんだろうか」と言ってみることです。

また、銀行から融資を受ける際に、金利で少しでも粘る姿勢を見せておけば、その企業は「金利にうるさい企業」と銀行員は印象を持つことでしょう。そうしておくと、次の融資の時に銀行が提示する金利が多少低くなるかもしれません。

「あそこの会社は、社長が金利にうるさいから、あまり高い金利をふっかけることはできんなあ」これが銀行員の心理です。金利交渉で粘ることは、そういった効果もあるのです。

「ダメでもともと」の気持ちでもよいので、金利交渉にのぞんでください。


銀行とのつきあい方

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

お申し込み


メールアドレス   
形式PC・携帯向け/テキスト形式

川北


銀行とのつきあい方の新着バックナンバー

  • ページの先頭へ

私たちフィナンシャル・インスティチュートは、反社会的行為・違法行為・脱法行為に関与・加担・助長・幇助することは絶対にしません。

私たちはコンプライアンス(法令遵守)を重視したコンサルティング会社であり、法律や規則、社会規範などに背くことなく企業活動を行っております。

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • サイトのご利用にあたって